HSP専業主婦のストレスフリー生活

内向型でひとり時間が大切、刺激に敏感などHSP気質、ほぼ家で過ごす穏やかなで楽な毎日を綴ります

スコーン ~スコーンのプチ研究~

f:id:misslemoco:20191211125425j:plain


イギリスの代表するお菓子「スコーン」 作ってみました

英国ドラマではティータイムだけでなく
村の小さなお祭りではお皿に高く積まれて
ふるまわれているシーンをよく見ます

素朴で家庭的なおいしさがあって
材料は手に入れやすいし
簡単で短時間で作れるので
朝ごはんやおやつにいいですよね

スコーンのレシピを見ていると
レシピによって材料や作り方にいろんな違いがあります
英国風カフェでも食感や味がぜんぜん違っていて
全部おいしいのですが
「本場のスコーンはどんなのかな」と
いつも思います

イギリスに行くのはさすがに無理なので
いろんなレシピを試してみて
食べ歩いてみて
自分のベストなレシピやカフェを
見つけれたらいいなと思いました
(ちなみに今は「さくほろ」が好きです)
なのでスコーンのプチ研究を始めてみます

プチ研究(第1回)

一応基準となるレシピはこちら
いろいろ見比べて平均的なレシピを選んで
ちょこっと自分好みに改良しました
(覚書レベルのレシピです
今後ちょこちょこ改良していこうと思っています)

f:id:misslemoco:20191211124751j:plain

f:id:misslemoco:20191211125100j:plain

型使うほうがいい?

初めて型で抜いてみました
スパッと切ると割れ目がきれいにできると
いくつかのレシピで見たので試してみました
型で抜いたスコーンは見た目も良いし
食べる時もすぱっと気持ちよく割れるので
ジャムやクリームも乗せやすくてとってもよかったです
f:id:misslemoco:20191211132918j:plain
↓ こちらは包丁で切ったとき
f:id:misslemoco:20191211125534j:plain 型を使うかどうかに関係なく
やっぱりスパッと切ることがきれいな割れ目を作るのに
大事みたいです

バターは常温でもいい?

よく冷やしたバターと常温バターで
くらべてみました
これは味や食感には変わりなかったです
作る過程では薄力粉と混ぜやすかったですが
それ以外には違いがわからなかったのと
今回はマーガリンだったので
次回は材料や常温に置く時間を変えて
作ってみようかと思います

これから改良したいところ

今は外側のさっくり感には満足してますが
全体的に重たくてすごくおなかにたまる感じなので
もうちょっと中をふわっとさせて
軽く食べれるようなスコーンにしたいです

あと米粉でも作ってみたいなと思ってます